にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村ランキング参加中。クリックよろしく!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



最近手に入れたカメラについてご紹介。




まず外観はこんな感じ。







まあ、「かわいいカメラ」って感じですよね。



驚くのはこのサイズ。













はい、こんなに小さいんです。



手のひらに収まる、と表現すると曖昧ですが…


・ペットボトルの幅と同じ高さ

・フィルムの箱約2つ分


という感じです。オリンパスペンより小さい。


ってことは…ハーフ? 110? ミノックス?


いいえ、フルサイズ(35mm)です。







レンズ周りに円形のダイヤルが2つ、これが本家ローライ35の特徴。(バージョンによって異なります)



向かって右側がシャッタースピード(B,1/2~1/500)
左側は絞りと感度(ASA,DIN)設定。



フルマニュアルの機械式カメラです。



露出計も付いております。



天面のメーターがダイヤル連動式で、針の位置を合わせるだけ。






つまり上の画像では「1/60秒 F3.5」となっております。



と、外観に関してはここまでですが…



このカメラの魅力は何と言っても



高性能なレンズによる描写。



















はい、こんな感じで超シャープ。


実はカールツァイスのTessarレンズ搭載なんです。


このカメラ、ドイツ製とシンガポール製の2種類ありまして、前者はカールツァイス製造、後者はライセンスを得てローライ製造という形です。


人気なのは当然ドイツ製。内部の部品やファインダーなどの作りが良いそうで。


今回手に入れた物はドイツ製の蓋が付いていたものの、よくよく調べるとシンガポール。


しかし状態があまりにも良いため、とりあえず使ってみてから判断しよう!と思い試写した結果がこれ。はい買います。



驚異的な小ささ

フルサイズ

最高の描写


という驚き三連発のカメラでした。



ちなみにピントは目測ww



唯一の欠点とも言われますが、まあこれも魅力の1つでしょう。ペンで慣れてるので問題なし。





↑最短距離計測用に撮った1枚。90センチの大体の位置がわかる。


では、また。
Secret

TrackBackURL
→http://kagomekagome5053.blog111.fc2.com/tb.php/516-2fb867af
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。