にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村ランキング参加中。クリックよろしく!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。

6年近く使っているiMacですが、搭載していたメモリがたったの1GBということで…
2年くらい前から、複数のソフトを動かすとフリーズして落ちたり、せっかく作ってた途中の年賀が最初からやり直しになったり…大変でした。


それでもメモリを交換するという考えにたどり着かずそのまま我慢して使ってきましたが、今回とうとう購入しました。







バッファローの2GBのメモリ(1枚)です。

このiMacには2つのメモリスロットが有り、片方には既に1GBのメモリがセットされています。
つまり今回購入した2GBのメモリを追加する事で、合計3GBの容量を確保できます。


外箱


中身を撮ろうとしたらiPhoneの電池が切れました…


まずiMacを起動し、搭載されているメモリを確認。




667MHzの1GBですね。


それでは増設の作業に入ります。

増設といっても非常に簡単です。


まずiMacをシステム終了し、すべてのコードを外します。


次に、布でもなんでも良いので柔らかいものを敷いて、






iMacを画面が下になるように寝かせます。





次にスタンドを上げます。






スタンドを上げたら、下部中央にあるネジを外します。






外した状態がこちら。




左右にメモリスロットがあります。
右側は既に1GBのメモリがセットされていますね。

左側に購入したメモリを、窪みが左になるように差し込みます。これでセットは完了。

フタとネジをしめ、iMacにケーブルを繋いで起動。


チェックしてみます。





無事3GBに増設できました。

このメモリ、セットしても少し盛り上がっているので蓋が多少歪みます。注意。


以上!
こんばんは

ずっと待っていたiOS6.1が1月29日にリリースされました。
変更点を簡単に紹介したいと思います。





1:アプリが落ちるバグ修正!

これがiOS6.1にするべき理由の中でトップに入ると思います。
iOS6に更新してから、アプリを起動したままスリープ→ロック解除をするとアプリがクラッシュしてホーム画面に戻っているというバグがありましたが、今回のリリースで改善されました。
これでブログ編集中にスリープ状態にしても続きから書くことができます!





2:マップアプリの「問題を報告」ボタンがでかくなった!

不評が多いマップアプリは、ユーザーからの修正の要望をより多く取り入れるため、目立たなかった「問題を報告」ボタンが大きくなりました。


以下が比較写真です。



iOS6 (Before)





iOS6.1(After)





マップ内のデータに関してはOSの更新と関係がないため、OSを新しくしたからと言って情報量が増えるわけではありません。

逆にOSを更新しなくてもマップアプリの情報量は増えるので、今後に期待ですね。
ちなみに自分はGoogleマップを使用しているのでこれに関しては正直どうでもいいです…
ただ、Appleのマップの3D地図はとても美しく見ていて面白いため、遊びには使えますw





3:ミュージックコントロールのデザイン変更!

ロック中にホームボタンを2度押しすると出てくるミュージックのコントロールのデザインが変更されました。

以下が比較写真です。



iOS6(Before)






iOS6.1(After)





上のスカスカの部分には曲名が入ります。






正直これに関してもどうでもいいですね…w




4:追跡型広告をブロックできる機能!

追跡型広告とは、閲覧したサイトの広告が、別のサイトに移動した時にも表示される仕組みの広告です。




これはページをスクロールしてもついてくる広告とは別物なのでご注意。



他にも細かい変更がありますが、使用に関わる範囲は以上になります。
(通知センターからのツイートをする際の動作が早くなった気がします。)

バッテリーの持ちについては1週間ほど使ってから書きたいと思います!
発見したので紹介。


自分が調べた中ではどこにも出ていなかったのですがもしかしたらもう誰かが見つけてると思います。




まず並び替えたい写真のあるアルバムを開きます。








並び替えたい写真を長押ししてコピー。






その写真を置きたい位置にある写真を長押しして、ペーストを押します。





すると…






先ほどコピーした写真がその位置に入り、他の写真は一つずつ後ろに移ります。

以上です!!!
iOS6の新機能、Passbookを実際に使ってみたレポートです。

まずぐるなび(Web版)でクーポンのあるお店を探し、Passbookをダウンロードしました。

iPhoneを持って出かけます!


今回利用したのは鎌倉パスタ。


注文時にクーポンを店員さんに見せます。


これで、食後のアイスが無料でいただけます。





パスタ






鎌倉パスタは生麺使用なのでほんとにコシがあっておいしいです。





そしてPassbookでゲットしたアイス!







このように、Passbookを使うことでよりお得にレストランを楽しめます。
是非使って見てください。
マップに関する不評が多いiOS6ですが、便利な機能は結構あります。



その中の一つがPassbook。







iOS5で登場した「Newsstand」のように、あまり使えないものだと思っていましたが、実際は非常にお得で便利なものです。




それでは使い方。



まず、クーポンをダウンロードします。
現在クーポンに対応しているのはぐるなび、ホットペッパー、Passbankなど。




とりあえず今回はホットペッパーで試します。




まずApp Storeからホットペッパーグルメのアプリをダウンロード。



↓のURLでApp Storeのホットペッパーに飛びます。

http://itunes.apple.com/jp/app/hottopeppa-gurume-o-denakupon/id290033990?mt=8



ダウンロードしたら起動。










ここで、「条件から探す」を選択。







クーポンが欲しいお店のエリア、食べたい料理のジャンルを決めて、条件の中の「クーポンのあるお店のみ表示」をオンに。

検索開始!


たくさん出てきました。









気になるお店を見つけたら、「クーポン」ボタン。








好きなクーポンを選択し、下に移動すると…




「Passbookに保存」ボタン!

Passbookのクーポンが表示されるので、追加を押します。





これで完了。

裏面の注意事項を確認して使ってください。


Passbookが使えるのはクーポンに限らず、将来的にはスターバックスのカード、商品券、飛行機のチケットも対応します。楽しみですね。

次回は実際に使ってみたレポート。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。